CBDグミで捕まる?違法成分は入っていないので大丈夫

CBDグミで捕まる?違法成分は入っていないので大丈夫

多くの芸能人がヘンプ所持で逮捕されています。

どうやら使用しなくとも持っていたり誰かにあげたりだけでも違法となるよう、それではCBDオイルを持っている自分もやばいのではと不安に思う必要はありません。

なぜならCBD製品に関しては違法ではないからです。

CBDはヘンプ由来の成分、そして日本人の感覚としてヘンプ=麻薬という思いがあるのです。

これこそが誤解の原因、だってヘンプ草の種は七味唐辛子の中にも入っています。

元々日本に自生しており、なんと旧石器時代から薬草して使用されてきました。

今の日本では栽培することだって禁止されているので見かけることは無いでしょうが、ずっと身近な植物だったというわけです。

植物由来の成分が身体に優しい効果をもたらす、化粧品やサプリメントでもお馴染みの知識でしょう。

ヘンプだってオーガニック、そう考えれば恐怖も和らぐはずです。

ヘンプ取締法が作られたのは第二次世界大戦後、GHQが行ったことです。

それ以降、ヘンプは所持することさえ禁止とかなり厳しい法律でがんじがらめにされています。

一方で大元であるアメリカだと合法化が進んでいて、そんな状況にあるのです。

風通しが良くて夏の衣類でお馴染みの麻だってヘンプ草由来の素材、燃料に断熱材にと今の日本においてもヘンプは身近にあります。

ヘンプがあったからこそ我々の今の生活がある、危険だからとCBDオイルを使わずにいるのはとても勿体ないことです。

ヘンプが怖い、そのイメージに関係するのはTHCという成分です。

カンナビノイドの一つ、大麻草には100以上のカンナビノイドがありCBDだってTHCだってその中に入ります。

THCが含まれているCBD製品であれば違法、税関で止められることでしょう。

でもそうでなければ何の違法性もなく、その良さが見直され始めている今は日本にもどんどん入ってきています。

医療の世界でだって使われ始めていて、というよりも医療で用いられるようになったことで注目され始めたというわけです。

THCが入っているから危険というのも正しい情報と言えず、何しろ海外ではCBDだけでなくTHCも含めてすべてのカンナビノイドが配合されたフルスペクトラム製品というのも普通に一般の方が使用しているのです。

薬物中毒が起こるようなことは無し、ほんのわずかしか入っていないですしむしろ相乗効果でCBDの良さが引き立ち危険な作用は抑えられているわけです。

CBD単体の製品よりもむしろおすすめ、でもTHC禁止国である日本ではまだまだ普通に人々が使えるようになるまでは時間がかかりそうです。